花火の仕組み

花火は日本の夏の風物詩。花火大会で見られる仕掛け花火や、世界最大の花火「四尺玉」のような大掛かりなものもあれば、家の庭で楽しむ、線香花火のような小さなものまであります。どれもとても美しいのが花火最大の魅力です。

ところで花火って、火を点けるとさまざまな色味の火花を散らせますね――これって、一体どういう仕組みなんでしょう?

花火の基本構造と演出


花火の基本構造は、黒色火薬に発色剤を混ぜて筒や玉に詰めるというもの。この上に色々な化学物質を仕込むことで、光や火の粉、火花、音、煙といった演出を可能にしています。

  • 酸化剤:塩素酸カリウム、過塩素酸カリウムなど
  • 可燃剤:木炭、硫黄など
  • 光輝剤:マグネシウム、アルミニウム
  • その他:発煙剤や発音剤

花火は構造や用途により、「打上げ花火」「仕掛花火」「玩具花火」などに分類されます。

そして、花火と言えば色つきの火花。花火の色を出す発色剤には以下のようなものがあります。

  • ストロンチウム塩(赤)
  • ナトリウム塩(黄)
  • バリウム塩(緑)
  • 銅塩(青)






――これが世界最大の打ち上げ花火、四尺玉(youtubeから拝借しました)――


  


Posted by pendulum at 07:18Comments(4)花火の知識あれこれ

2010年GWの花火大会

GW(ゴールデンウィーク)にもなると花火ゴコロ(?)がうずきます。

どうしてでしょうか…花火大会なんて年中どこかで開かれていますのにね。

2010年の連休中に開催される花火大会を調べてみました。

少々遠い場所もありますが、せっかくの連休ですから花火大会で盛り上がってはいかがでしょうか

■ゴールデンウィーク(連休)の花火大会

★安比の,GW花火

ポケモン」に「花火」と人気イベントがGWに安比で大開催!!


★艸原祭「大かやば焼」

冬はスキーのゲレンデとなる約60へクタールのかや場に「艸」の火文字が映し出され、花火が打ち上がる。炎と光の壮大な祭典!


★GW花火イリュージョン

夏まで待てないあなたへ…今年もGWに花火イリュージョンを開催いたします。 音楽と花火と光のコラボレーションによる幻想的な世界をお楽しみください!


★足利春の花火大会

夏の花火大会に比べて開催規模は小さいが、気候の良い季節に打ち上げられる花火は大変心地良く、観光客にも好評


  


隅田川花火大会の市民協賛開始

不況続く中、開催取りやめの大会も多いのですが、さすがにこの大会は今年も開催の模様です。

隅田川花火大会の歴史は古く、享保年間のコレラ騒ぎ、大飢饉の犠牲者を弔うため、というのが起源とされ、1733年(享保十八年)旧暦五月二十八日、両国の川開きに花火を催したのがその始まりと言われています。

当然大にぎわいのこの大会、良い見物場所を確保するのがタイヘンです。

ちょっとチェックしてみると、隅田川の白髭橋や言問橋あたりは穴場らしいです。

行き来する往来が気ぜわしいですが、橋の上は見通しが良いので、どこの花火大会でも穴場なのかも知れませんね。

このほかにも、「浅草側でなく両国側から」とか、周辺のレストランとか、いろいろな意見があるようです。

しかし、そもそもネットに書かれた時点で穴場ではないような気もしますが…

なかには「教えたくない穴場」なんてタイトルのページもあって大笑い!――だったら書かなきゃいいのにね――

ちなみにこの花火大会、協賛金を募金すれば協賛者になることができ、協賛者は用意された特設の観覧席に招待してもらえるのだそう。

■隅田川花火大会:夜空彩る2万発 7月31日開催 市民協賛募集 /東京より(毎日jpより引用

東京の夏の風物詩、隅田川花火大会が、今年は7月31日に開催されることが決まった。78年に始まった大会は今年で33回目。隅田川の周辺4区や都などからなる実行委員会が主催している。


----

ところでそろそろ連休の予定は決まりましたか?
わたしは長距離出張で高速バスを利用することが多いのですが、近頃は一人旅でも安心な上に、新幹線の半値程度ですむ、女性専用夜行バスというものもあるそうです。
  


長野えびす講煙火大会

長野えびす講煙火大会は、秋も終わりの夜空を彩る花火大会です。えびす講煙火大会の読みは「えびすこうえんかたいかい」で「はなび」ではありませんがこれも「花火大会」。長野県長野市の長野大橋近辺で毎年11月23日に行われる花火大会です。

この花火大会の起源は権堂周辺に広がる遊郭の客寄せイベントだったのだそうですが、明治32年からは東日本地区を中心に行われていた「えびす講」の付帯イベントとして行われるようになっています。明治から続くということですから、なかなか歴史のある花火大会です。

長野えびす講煙火大会、大会内容もなかなか充実しており、花火師による新作披露や二尺玉の打ち上げなどが行われるので、長野かいわいではなかなか人気の高い花火大会です。

今年も11月23日に開催され、打ち上げが始まる時刻は午後6時からと、秋らしく早い時間帯に行われる花火大会です。

長野えびす講煙火大会公式ページ
全国でも珍しい11月の長野えびす講煙火大会。絢爛豪華な打ち上げ花火に加え、二尺玉の大輪も澄んだ晩秋の夜空を彩り、花火評論家をして「一度はこの花火大会を見ておかないと」といわしめるほどになっています。
----

秋の花火というと季節はずれ…と感じる人も少なくないと思いますが、花火大会は年中日本のどこかで開催されています。真夏の夜を彩る花火も楽しいものですが、澄んだ空気の中上がる花火の美しさも捨てがたいものです。肌の過敏な管理人は蚊に刺されないのもありがたいところですし。

----

秋ともなれば、美味しい食材が一杯、拙宅ではティファール圧力鍋を手に入れました。お料理の仕上がりもさることながら、とにかく調理時間が短いのが助かります。

長野えびす講煙火大会の開幕は夕方6時。そろそろおなかのすく時間帯です。この大会では、お弁当つきの有料観覧席も用意されてあるそうですが、自作の弁当を持っての花火見物というのも楽しそうですね。

ところで、長野の11月末ってもう冬みたいなものでは?

関東からお出かけの際には防寒具の用意くらいはしておいた方がいいかも…ですね。
  


2万発咲き乱れ 土浦で花火大会

土浦と言えば、海軍航空隊。
昭和世代の男性だったら、少年漫画の戦記物はお馴染みのハズなので、ご記憶の方も多いとおもいます。

転じて平成のカスミはバス釣りの東のメッカ。
西はもちろん琵琶湖なんですが。

さて、秋ともなるともう花火は終わりとおもいがち。
だけど、花火大会って年中あるんですよ。どこかで…

カスミでも花火大会が昨日開かれました。

ちょっと遠すぎて、管理人はいけませんでしたが。

2万発咲き乱れ 土浦で花火大会
(東京新聞より引用)
土浦市の夜空を彩る第七十八回土浦全国花火競技大会が三日夜、同市の桜川畔で開かれ、二万発の花火が織りなす光と音の競演に約七十万人(主催者発表)が酔いしれた。 大会は一九二五年、市内の住職が霞ケ浦航空隊の殉職者慰霊や関東大震災で疲弊した商店街復興のため、 ...
----
花火の刹那的な美しさは死者にこそふさわしい。
ミニの浴衣でひょこひょこ歩くギャルも刹那的ですが、秋の花火は霊園のお線香を思わせますね。

ところで10月といえばハロウィン。
ハロウィン・パーティなんか開いたりしませんか?
小さな子供のいるご家庭だったらきっとよろこばれますよ。

ちなみに海の向こうはどこでもハロウィンにイベントを行うわけではないそうですが、灯りをともしたり、墓地にお参りしたりするそうです。日本のお盆みたいなものですねハロウィンって。  


みなとこうべ海上花火大会は8月1日開催

神戸港は横浜と並ぶ、おしゃれな港街。美味しい物や、一流品の並ぶショップなど、魅力は一杯。でも、一番の魅力は異国情緒漂う街並みでしょうか。

そんな洒落た神戸港では、もちろん花火大会も開催されます。今年は、今年は花火大会が協賛者不足で中止されるところが多い中、みなとこうべ海上花火大会が8月1日開催となっています。

さて、「港」といえば船。大きな港ではナイトクルーズや屋形船など、楽しそうな船遊びを見つけることができます。しかも、クルーズ船の上から花火を見ることができれば、一層楽しめてしまいそうです。陸から見る花火も良いものですが、たまにはナイトクルーズで花火を見るのはいかがでしょう。

「みなとこうべ海上花火大会」に合わせたクルーズ企画-コンチェルト
神戸経済新聞
神戸クルーザー(神戸市中央区東川崎町1、TEL 078-360-5600)は8月1日、「みなとこうべ海上花火大会」に合わせて、ミュージック・グルメ船「コンチェルト」(同)で「神戸みなとまつりクルーズ~Kaulanaハワイアンファイブ~」を運航する。 当日の運航時間は18時50分~21 ...
----

少々お高いですが、花火を見ながら食事ができるこの企画はリピーターも多くて人気の企画だそうです。

ちなみに、みなとこうべ海上花火大会は海上から見るもよし、山頂から見るもよし。穴場としては一部で知られている神戸大橋がありますし、六甲山から見るのもオツです。

第39回みなとこうべ海上花火大会
  • 2009年8月1日(土),19時30分~20時20分
  • 会場:兵庫県神戸市中央区波止場町 (メリケンパーク新港第1突堤沖)
  • アクセス:JR東海道線元町駅から徒歩15分
  • 連絡先: 078-327-8982 (社団法人神戸港振興協会)
カップルならば特にオススメかも。ただし、当日は交通規制ありなので、例によって車より公共交通機関がおすすめです。
  


江ノ島花火大会の穴場ってどこ?

江ノ島花火大会の穴場はどこ?

首都圏では人気の江ノ島花火大会。相模湾をバックに、華やかに打ち上げられる花火の数々をじかに楽しんだことのある人も少なくないと思います。

江ノ島花火大会

  • 開催日:2009年8月4日(火),順延の場合5日(水)に開催
  • 時間:19:15~20:15
  • 打上数:5,000発(最大は2尺玉!)
  • 湘南のランドマーク、江の島と相模湾を背景にした華やかな花火大会。目玉はなんといっても直径約60cmの二尺玉。重さはなんと70kgに至る二尺玉を中空高く打ち上げ、開花著系は、おおっ!480m!迫力満点につき、必見!
一方、首都圏至近の大規模な花火大会だけあって、江ノ島花火大会は混雑も大規模。比較的空いていると言われる穴場でも、のろくさ、お出かけしていては立ち見必至の花火大会でもあります。

ごみごみ混んだ場所で汗腺…じゃなくって観戦しているのでは、ふれあう肌と肌が汗ばんで気色悪い…(-_-;)できることなら、穴場でゆったりと花火見物したいものですねぇ…

さて、江ノ島花火大会の穴場。ないわけじゃありません。

神奈川の知人が言うには、江ノ島の島内が穴場とか、橋の上はご存じの通りで人が鈴なりになるけれど、島内に入って適当な海岸で見物すれば、のんびり過ごすことができるそうな。

ただし、夜間に付き、足下不如意になりがちなので、小さなお子様づれの場合は手を引いてあげるのが良いでしょう、とのこと。ということは、彼女づれの諸兄は「お手をどうぞ」としゃれ込むのも一興かも…(今時手をつないだくらいでねぇ…なんて言わないで)

その他穴場はるるぶ.comのこのページにも色々な穴場情報が寄せられています。

話はかわりますが、江ノ島花火大会のアクセスは渋滞必至なので、公共交通機関がオススメ

  • 湘南モノレール湘南江の島駅下車,徒歩7分
  • 小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅下車,徒歩2分
  • 江ノ島電鉄江ノ島駅下車,徒歩5分

----
【PR】オートキャンプ 入門ETCマイレージサービス

  


pl花火の穴場探しならここに聞く!

PL花火には穴場が数多あります。正式名称を「教祖祭PL花火芸術」とする、このPL花火大会は日本一の規模を誇るだけあって、大阪東部一帯のそこここから、盛大な花火を望むことができます。

打ち上げ場所近くには、有料観覧場所が設けられ信者でなくても利用可能ですし、大規模なPL花火だけあって、富田林市内はもとより、周辺各市(羽曳野市、大阪狭山市、河内長野市ほか)からも観賞可能です。

しかし、毎年8月1日は富田林市内を始め、あたり一帯は交通規制と、見物客の往来でごった返し、打ち上げ終了後も長い間交通渋滞が続きます。そこで、穴場探しというわけなのでしょう。

PL花火は大阪周辺では最も人気の高い花火大会だけあって、穴場情報なども「PL花火 穴場」で探すとみつかります。もっとも混雑を気にしない人は、あれこれ頭を悩まさず、富田林の光丘カントリー倶楽部界隈で見通しの良いところに陣取れば、不満はないはず。あれこれ考えずにとりあえず行くのも方法ですね。

とはいえ子供づれとか、足下不如意な人は、PL花火も穴場で観賞して楽をしたいところです。大阪に住む従姉妹が教えてくれた、PL花火の穴場に詳しいURLを張っておきますので、関心のあるかたはどうぞ。

◆http://mavi.s58.xrea.com/pl-info.html#spot

地図付でかなり詳しいですね。サイトの管理人さんに感謝です。

ちなみに、PLは歴とした新興宗教なんですが、関西以外では意外に知らない人が多いみたいで、「PL高校の母体は宗教団体」という発言に驚く人がいます。ちなみに、こちらも甲子園の常連校「智辯学園」は宗教法人辯天宗が母体です。

私としては、PL教団が神道系というのが驚きです。教団幹部の皆さんの行事での扮装もどこか、ローマ法王庁ぽいですし、長くキリスト教系の新興宗教だと思っていました。  


PL花火大会

PL花火の正式名称は、「教祖祭PL花火芸術」。これ「きょうそさいピーエルはなびげいじゅつ」と読みます。読みにすると実に長ったらしいですね。信者以外では、「PL花火大会」という方が通りが良いと思います。PL教団の花火大会というわけです。

これ、一体どんな花火大会かというと、名前通りで「PL教団」(パーフェクト リバティ教団)が打ち上げる花火大会です。PL教団は、一時期ほどではないみたいですが、甲子園の常連校である、名門(名門って言っても野球ですけどね…)「PL高校」の母体となっている神道系の宗教団体です。

さて、話を戻しましょう。教祖祭PL花火芸術の開催地は、「大本庁」と呼ばれる教団本部がある、大阪府富田林市で開催されます。例年8月1日に行われ、ここの信者以外にとっては「花火大会」なんですが、あくまでもPL教団の「宗教行事」であって、花火大会ではありません。

話が込み入ってますね。まとめると、PL花火では、大量の花火を打ち上げるがあくまでも宗教行事である、ということ。その趣旨は、PL教団の礎を築いた初代・二代教祖をたたえる教祖祭の中の一行事との位置づけで、ラストに打ち上げられる大量の花火は、現地では「原爆花火」という通称で親しまれています。

この通称、PL教団とは関係なく近所の住民がつけたのでしょう。盛大な花火大会の規模を彷彿とさせるのは良いのですが、「リバティ」という名を持つ教団につけるには、ちょっと物騒なネーミング、もっと良い通称はないものでしょうか…

  • 開催日 :毎年8月1日
  • 打ち上げ場所:光丘カントリー倶楽部(大阪府富田林市)
  • 打ち上げ数 :10万~12万発
  • 一般見物者 :約30万人
  • 参考URL :http://www.perfect-liberty.or.jp/


ちなみにPL花火の規模は日本一とのこと。
  


東京湾大華火祭をセレブに楽しむプラン

花火観賞にも色々な楽しみかたがあります。管理人は地方のつつましい花火大会が大好きですが、これでもか!とばかりに、大輪の花火をガンガン打ち上げる花火大会もいいものです。大会終了後の撤収がたいへんですが…

東京湾大華火祭は晴海周辺がメインの観賞ポイントです。しかし、晴海主会場で観覧するためには入場整理券が必要。しかも入場整理券を入手するためには葉書かインターネットを使って応募し、抽選に当選しなければならないのです。さらに、抽選は中央区民優先です。ま、ぁ周辺でも見物できるからヨシではありますが…この抽選、よその地域住人でどれくらい当選者がいるのかな?

今年はセレブな花火鑑賞はいかが?--ホテル日航東京の花火鑑賞プラン
(マイコミジャーナルより引用)
ホテル日航東京は6月7日9時より、「第22回 東京湾大華火祭」が行われる8月8日に花火を間近で鑑賞できる宿泊プラン「第22回 東京湾大華火祭ご宿泊プラン」を発売する。 同プランではプランAとBの2種類が用意されており、プランAではレストランや屋外鑑賞席にて花火大会を ...

こういうプランだったら、抽選結果にやきもきすることもないし、花火大会終了後の大混雑も無縁で済みますねぇ…ちょっと財布の負担がつらいけど…

一人あたり、ざっと見て4万円かかるので、拙宅ではもちろんパス。しかし、「第22回 東京湾大華火祭」を間近で鑑賞、しかもホテルでお食事を楽しみ、宿泊もできるセレブなプランなので、8月8日がプライベートな記念日に当たっている人は検討してみてはいかが?
----
季節のせいか、このところ寝不足続き、基本夜遊びの花火大会どころじゃありません…昼寝をしても妙にだるくて、たまには温泉で2~3日のんびりしたいですところです。天然温泉に人気のところって最近はどこなんでしょう?関東だったら鬼怒川か箱根?やっぱり草津?ワタシは箱根しか行ったことないなぁ…
  


ひたちなか 大草原の花火と音楽

昨日30日は、日本全戸のそこここで花火大会がありました。いよいよ花火シーズンの開幕です。

ひたちなか 大草原の花火と音楽~一万発のHANABIイリュージョン~
読売新聞より引用
水戸藩開藩400年を記念したイベント「ひたちなか 大草原の花火と音楽~一万発のHANABIイリュージョン~」が30日、国営ひたち海浜公園(ひたちなか市)で開かれた。約1万発の花火と歌、音楽の組み合わせという「光と音の競演」に、訪れた人たちからは大きな ...
---

関東だったら今週はこれでしょう。

不況の影響で協賛が集まらず中止になる花火大会も多い中、「ひたちなか 大草原の花火と音楽~一万発のHANABIイリュージョン~」では一万発の花火が打ち上げられました。

月末土曜日ということもあって、きっと会場は大混雑だった筈です。

ところで、この時期の煙火大会なら、そろそろ浴衣を用意してゆきたいところではないでしょうか。夏のイベントでは本部スタッフが浴衣で立ち働いたり、イベント以外でも、観光施設や商業施設でも浴衣をユニフォーム代わりに着ているのもよく見かけます。

浴衣は、女性、男性、性別問わず、見慣れた洋服姿からはちょっと想像がつかないような「変身」を可能にしてくれます。普段の洋服姿は地味でも、浴衣を着るととたんに女っぽくなるお嬢さんも珍しくありません。

浴衣は和服といっても安価に購入できて、着付けも案外簡単なので、もし浴衣を着たことがないという方も、一度チャレンジしてみましょう。ちなみに、女性で「左前」に着てしまう人が結構多いようで、花火大会で何度か見かけたことがあります。お気をつけあそばせ。
  


花火と爆竹の郷?

旧正月の火事騒ぎで少しは花火熱が納まるかと思えば、一向に懲りる気配もない中国。
ほとんどDNAレベルで火薬大好きな国民ですね。

まぁ、考えてみれば、世界で最初に火薬を実用化した国ですし、元寇の際にもロケット花火のような「火箭」で、さんざん鎌倉武士を苦しめたそうですから、お家芸の一種と言ったところなのかも知れません。

19日、“花火と爆竹の郷”と呼ばれる湖南省瀏陽市で、6万本の発火筒からなる“燃え盛る”中国国旗が披露された。
(Record Chinaより引用)
チャイナフォトプレスの報道。 ヨコ48m、タテ28mにわたる巨大国旗は両端から発火する発火筒で形作られ、闇夜に輝いた。 “燃え盛る国旗”と聞くといささか不吉な感もあるが、炎の真紅は中国人にとって最もめでたい色であり、花火や爆竹も祝い事に欠かせないもの。 ...
---
おおっ!これは見事ですね!
さすがは中国。スケールが大きいです。

それにしても、中国で最もめでたいのが「深紅」だとは知りませんでした。
ひょっとして、今もって共産主義なのは「紅旗」が好きだから?

どう考えてもあの国が共産主義国とは思えないのですが…
----
余談ですが、先ほど地震がありました。
ほんのちょっとだけど揺れを感じました。

震源地の近くには、バスのルアーフィッシングやワカサギ釣りで有名な入鹿池(いるかいけと読みます)があります。今回は大した地震でなかったけど、マグニチュード8とか来たら堰堤が決壊しちゃうかも知れませんね。

地震はやっぱりコワイです。
----  
タグ :花火爆竹


Posted by pendulum at 20:43Comments(1)海外の花火大会

妙高で艸原祭の花火

連休は楽しく過ごした人も多いことでしょう。
一方、どこへ行っても人混み、渋滞の連続にうんざりした人も。

花火大会が開催された行楽地も少なくなかったようです。

炎と光の共演、妙高で艸原祭
(新潟日報より引)
妙高高原地区に春を告げる「艸原(そうげん)祭 大かやば焼」が5日、妙高市の池の平温泉で行われた。「艸」の火文字と大輪の花火が織りなす漆黒のステージに、多くの観客が酔いしれた。
---
「艸原」と書いて「そうげん」と読むのですか。知りませんでした。

個人的には妙高高原はスキー場のイメージですね。今年は積雪も少なかったのでどうだったか分かりませんが、例年だったら、妙高赤倉がGWごろまで滑走可能です。また、近所の野沢温泉とか志賀高原あたりも上の方のゲレンデが営業していたと思います。

花火もスキー場の夜空に打ち上げられたそうですが、温泉よし、スキーよし、花火よし、いいところですねぇ。

ちなみ「かやば」という地名は全国にあり、「萱場」「茅場」の漢字を当てます。昔の家の屋根をふく「かや」の産地を言うそうです。カヤ草がたくさん生えるような所というなら、わき水が豊富なのかな?また、大かやば焼で放たれる火は、御神火とのことですから、昔は日本各地で行われていた野焼き兼、復活儀礼の一種なんでしょう。  


朝鮮、メーデー祝う花火大会…だって…

楽しく美しい花火大会ですが、こういうのはどうなんでしょう。管理人は場所が場所だけに見に行く気にはなれないのです。っむりすればいけるかも知れませんが、物理的にも精神的にもあまりに遠い国なので、行ってみようという日本人は、まずいないと思いますが…

海の向こうの将軍様の国でも花火大会があるのに驚きました。「あんた、そんなことやってる場合じゃないでしょ!」と思わず独り言。余計なお世話かもしれませんが、ほんと、花火大会どころじゃないと思います。

北朝鮮、メーデー祝う花火大会
(AFPBB Newsより)
北朝鮮・国営朝鮮中央通信(Korean Central News Agency、KCNA)が提供した、北朝鮮・平壌(Pyongyang)の普通江(Pothong River)河川敷でメーデーを記念して1日に行われた花火大会の様子(2009年5月2日提供)。(c)AFP/KCNA VIA KOREAN NEWS 【5月2日 AFP】北朝鮮・ ...
---
そうか、メーデー(メイデイとも)か…。そういえば社会主義が世界的ブランドだったころは、日本でも大々的に目抜き通りをパレードしたりしたっけね。社会党がつぶれてこっち、メーデイっていっても、ニュースで報道されるばかりで、すっかりトレンドから取り残されてますが、そうか、北朝鮮って社会主義だったんだ…

それにしても、指導者が世襲制の社会主義ってなんだろ?そういえば、中国も一応社会主義らしいけれど、唯金主義の共産国っていうのも珍しいですね…コミュニズムのモダンな解釈っていうところなんでしょうか。

ま、それはおいといて、ここの花火大会はずいぶん盛大に行われたらしいです。写真みても、それは見事な花火。そういえば、中国ではオリンピックのとき、CGで花火の水増しをしましたね。今回のニュース5月2日になって公開とのことですが、メーデーって5月1日だったのでは?この映像ってホンモノ?まさかねぇ…  


Posted by pendulum at 17:12Comments(0)海外の花火大会

ひたちなか大草原の花火と音楽

そろそろ花火大会のニュースやお知らせが舞い込むようになりました。5月30日には ひたちなか海浜公園で「ひたちなか大草原の花火と音楽~一万発のHANABIイリュージョン」が開催されるそうです。

遊ナビ・イベント館:ひたちなか大草原の花火と音楽 来月30日、ひたちなか /茨城
(毎日新聞より引用)

「ひたちなか大草原の花火と音楽~一万発のhanabiイリュージョン」が5月30日、ひたちなか市馬渡の国営ひたち海浜公園で開かれる。音楽に合わせて打ち上がる、1万発の花火が見ものだ。同実行委員会では「初夏の新たな風物詩として定着させたい」としている。

------

わたしにはちょっと遠い茨城県。残念ながら訪れることはできそうもありません。北関東の皆さんは、いち早く打ち上げられる1万発の花火と音楽を存分に楽しむの良いのでは?

でも、季節柄、お天気大丈夫かなって心配してしまいます。特に今年は、春の訪れが異様に早かったので、2009年の梅雨入りも早いのでは?という推測も流れています。てるてる坊主を作って晴天を祈願しておきましょう。

え?てるてる坊主作ったことない?

やれやれ…最近はそういう人が増えましたね。

●東京からのひたちなか海浜公園へのアクセス

  • 電車利用
    JR常磐線,勝田駅下車(特急で約70分)→ひたち海浜公園行バスで公園南口または西口下車(約20分)
  • 自家用車
    一般道ならば約3時間30分、高速道路(三郷I.Cより関越自動車道経由、那珂I.C下車の場合、約1時間40分

●水戸からのひたちなか海浜公園へのアクセス

  • 電車利用
    JR常磐線,JR勝田駅下車(約6分)→ひたち海浜公園行バス公園南口または西口下車(約20分)
  • 自家用車
    一般道利用で約15分

  


連休には、横浜開港150周年祝賀花火へ

そろそろ花火でも…という今日この頃。夜もすっかり過ごしやすくなって、9時過ぎに近所の書店やコンビニまで出掛けることもしばしば、それにもうじきGWですから、お出かけついでに花火を見物してご帰館、なんてのも良さそうな…

横浜といえば、「横浜開港150周年」で盛り上がっているでしょうか?まあこういうのって、地元住民はあまりはしゃいだりしませんから、商工会議所とか旅行業者が大声を張り上げているんでしょう。

とはいえ、GWの花火大会では、「横浜開港150周年祝賀花火」がいいかも。関東ご在住の方は、はしりの花火大会として見物に行くのもよいと思います。

“シーパラ”で横浜開港150周年祝賀花火! ゆずの「みらい」にのせて
(ウオーカープラスより引用)
横浜・八景島シーパラダイスで5/2(土)~5(祝)、横浜開港150周年祝賀花火「Sail to tha Sky~輝く未来へ~」が行われる。“シーパラ”恒例の人気企画である花火が、“開国・開港”をテーマにパワーアップ! 横浜開港150周年記念テーマソングである、ゆずの「みらい」も流れる。 ...
---
管理人は「ゆず」ってあまり好きじゃない。あの母音をひっぱる発声がイヤだし、歌詞も、自意識がちらつくのがイヤ。ラジオから彼らの曲が流れると、周波数を変えちゃいます。オリンピックの頃はラジオきりっぱなしでした。

横浜開港150周年祝賀花火に関心があるだけなので、「ゆず」とやらはどうでもいいんですけれどね…

八景島シーパラダイスには十年以上も昔、一度きりだけど行ったことがあります。家族揃って、初日はTDL、二日目は八景島シーパラダイス、という行程だったと思います。千葉で暮らす遠い親類の娘さんが結婚するとかで、義母が招かれたのに便乗しての旅行でした。時期はGWの寸前くらいだったかな?

八景島シーパラダイスはTDLよりは混雑してなかったけど、TDLほどトイレが充実していないようで、個室の行列には往生しました。子供が腹痛を起こしてトイレへ急行したんですが、あの混雑の中、長々と個室を占拠する人がいて、あわや大往生!だったのですが、なんとかセーフ。やれやれ…お子様づれのレジャーはいつもピンチが待ちかまえています。どうぞお気をつけていってらっしゃいませ~。  


熱海海上花火大会へ行こう

熱海海上花火大会は関東では良く知られた花火大会です。東洋のナポリとも呼ばれる、背後に山がひかえ、眼前には相模湾が広がる好ロケーションの中、海上に打ち上げられる花火は海面に照り映えて、一層華やかに見えます。

もちろん夏場の花火も良いものですが、この熱海海上花火大会は年に何度も開催されるという特徴を持っています。熱海海上花火大会は、名前通り熱海湾上に数々の花火を打ち上げる花火大会で、季節ごとに多くの花火見物客が訪れ、今ではすっかり熱海の観光名物になっています。

熱海海上花火大会の歴史は長く最初に開催されたのは昭和27年ですから、もう半世紀以上も昔にさかのぼります。当時の熱海は、「キティー台風」「熱海駅前火災」といった相次ぐ災害に見舞われた不運な街でした。

熱海海上花火大会は、こうしたダメージの中、市民を元気づけ復興の願いを込めて始まったものです。

さて、先述の通り、熱海海上花火大会の最大の特徴は、年に何度も開催されることです。例えば2007年は、年間15回も開催されています。
  • 春(4~5月) 2回
  • 夏(7~8月) 7回
  • 秋(9~11月) 3回
  • 冬(12月) 3回

当然のように夏場の回数が多く、冬と春は数回にとどまっています。

日本では年中どこかしらで花火大会があります。冬場であれば、スキー場のゲレンデにあがる花火も良いものですし、TDLや長島スパーランドのような遊園地では、しょっちゅう花火が揚がります。

しかし、春冬は質の良い花火を打ち上げる大会は少ないものです。たまには、「本格的な花火大会の気分を味わいたいなぁ~」と言う人は、熱海海上花火大会に行って見ましょう。次の開催は4月18日の土曜日、2009年最初の開催となります。

ちなみに雨天決行です。
---
【PR】ナースの再就職

  


CCTVの花火が原因,中国の高層ビル火災

北京の高層ビル火災、当局がCCTVによる違法花火が原因と断定

花火と縁の深い中国なんですけれど、違法花火で火事になるなんて、まるで小学生なみ。

焼けたビルはへんてこなカタチの、国営中国中央テレビ局(CCTV)新社屋となりの高層ビル。火事のニュースはTVでも報じられていましたから、ご存じの方も多いハズ。

当初、業者が屋内で花火を上げたとかの報道もあったようですが、北京消防当局によると、2/10、春節(旧正月)を祝うためにCCTVが違法に打ち上げた花火が原因だとか。

いくら大騒ぎが当たり前の中国の新年でも屋内で花火を上げるなんて低脳過ぎ。しかもCCTVが打ち上げたなんて・・・

多分爆竹か、ロケット花火でもあげたんでしょう。自業自得と言えばそれまでだけど、ずいぶんと乱暴な話だと思います。とりあえず、人的被害は少なかったようなのでよしとすべきでしょうけれど、民家の火事ならともかく、新鋭のビルでおきた火事の原因が花火とは、なんだかね。

北京オリンピックの花火映像偽造もそうだけど、中国人民、ちょっと浮かれすぎ。

-----
【2月11日 AFPより引用】

中国・北京(Beijing)にある国営中国中央テレビ局(CCTV)の新社屋に付属する高層ビルの火災で、北京消防当局は10日、春節(旧正月)を祝うためにCCTVが違法に打ち上げた花火が原因であると断定した。

リンク: http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2570310/3775611
-----

それにしてもヘンテコなカタチのビルですね。

香港上海銀行の通称「蟹ビル」、中国銀行の刀みたいなカタチのビルが風水ウォッチでは有名ですが、中国のビルは奇抜というか、奇怪なカタチのビルが多く見られます。ひょっとして、CCTVビルの奇怪なデザインも風水の影響?
---
【PR】ブランド古着買取夜景のきれいなレストラン
  


Posted by pendulum at 05:22Comments(0)海外の花火大会

花火で始まる中国のお正月

花火大会は「冬よりもやはり夏!」という人が多いと思いますが、今時分だったら、スキー場のゲレンデにあがる花火を楽しむことができます。というわけで、年中どこかで花火があがるのが日本という国。日本人って本当に花火が大好き。

さて、海を渡ってお隣の国、中国。尖閣諸島問題とか、農薬ギョーザとか、このところなにかとぎすぎすしていますが、中国では、お正月シーズンが佳境に。中国って旧正月なんです。

中国の花火はとても歴史が古く、ジンギスカンの時代には、ロケット花火のような兵器が盛んに使われ、日本を侵略するために到来した、中国・韓国の連合部隊も盛んにこの武器を使ったとか。さぞや鎌倉武士団も驚いたことでしょう。

現在の中国でも、もちろん日本であがるような美麗な花火は人気がありますが、中国花火と言えば、やはりコレ。ちょっと前になりますが、花火屋さんが稼ぎ時らしい。

花火の販売店が続々登場

騒々しく破裂音をまき散らす中国花火=爆竹は中国の正月の象徴。毎年けが人がでたりして、当局が自粛を促す場面もあるみたいですが、一向にやむ気配がないのは、中国人のDNAがなせる技かも。まあ、日本人の花火好き、花見好きと同じようなものなんでしょう。

19日ごろから始まる爆竹は、お値段もピンキリらしいですが1000元を越す爆竹もあるそうで、これだと日本円で15000円?随分高い爆竹です。

中国本土のみならず、香港・台湾・世界中の中華街でも祝われる騒々しい中国式お正月「春節」。中国語圏の外でもチャイニーズイヤーの名で知られていますが、こんな記事を書いていたら、エビチリが食べたくなってきました。
---
ツタヤディスカスランドセル選び方

  


Posted by pendulum at 12:34海外の花火大会

北京オリンピックの花火ねつ造?

北京オリンピックの開会式の映像では、派手に花火があがっていました。華やかな花火はスポーツの祭典の開幕を彩るにはふさわしいかも。さて、花火を伴う話題は明るいものが多いのですが、北京五輪の場合はそうでもなかったようです……

『北京オリンピックが開幕となったが、開会式をご覧になられた方々も多かったであろう。圧巻の映像だったが、後日談で、あの足跡型の花火がコンピューターグラフィックス(CG)で作成されたものだという事実が確認された。』(日経BPnet北京五輪CG花火と日本の番組ねつ造からみえる将来より引用)

本当かなあ?とも思うのですが、外国の放送ですからねー。日本のテレビ局だったら「ねつ造」はお家芸みたいなものですから、そう言われるとそうなのかもと思ってしまいます。今回の映像は中国提供なわけですけど、めちゃくちゃあざといとい話です。

まあ、考えてみれば中国って、未だ社会主義国でしょう?コミュニズムの国は言論統制や民心コントロールなんか得意中の得意ですから、別段驚くほどのものでもないかも……

それにしても、世界中の人々が目にする花火の映像にそんな細工をするとはちょっと驚き。またしても、本当かな?と思ってしまいましたが、北京五輪組織委員会(BOCOG)の関係者自ら「演出効果」とカミングアウトしているので間違いはないでしょう。
なんだかガッカリ……
-------
盗聴器発見法バナジウム水

  


Posted by pendulum at 21:27海外の花火大会